スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

口コミではすっぽん小町でニキビ跡改善にも効果的!

口の周りや背中、胸元などニキビ跡がなかなか消えずに肩を落としていたとしても、すっぴんでも外出できるようになります。

口コミでも

「肌色がきれい?というか血色がよくなって、明るくみえるみたいです。」

「飲みはじめました!味は無味だし、無臭。肌の吹き出物がへって、乾燥も少なくなったみたい。私にはあってました!」


といった評価が続いています。



ニキビ跡改善に欠かせない肌の新陳代謝を促す効果にも優れているので、結果的に肌のハリや艶まで取り戻すことができます。

このブログでは、すっぽん小町でニキビ跡を治せる理由や、すっぽん小町を飲むその他のメリットについてまとめています。




■ニキビ跡を消すには?

そもそもニキビができるきっかけは、毛穴に汚れ(皮脂・汗・垢など)が詰まることです。毛穴の中で雑菌の繁殖が進み、肌が部分的に炎症していきます。これが赤ニキビです。

ただ、1年とか何年も前の赤ニキビがいまだに肌に残っていることがないように、私たちの肌は古くなった皮膚を肌の外に追い出す仕組みになっています。



ニキビで傷ついた皮膚も、本来であればいずれははがれ行くものの、ニキビを同じ場所で何度も繰り返したりして、ニキビの傷が肌の奥まで入り込むと、新陳代謝が進まなくなってしまいます。

ある意味、ニキビの傷が肌にって重たい蓋のような働きをしてしまい、肌に居座るようになるんです。これがニキビ跡です。



真皮層と言って、肌のいちばん深い部分まで傷が入っていたら、さすがに美容外科で治療してもらわないと、治すのは厳しいものがあります。

ただ一般的に、重度のやけどでもしていない限り、真皮層まで傷が達することはありません。弱った新陳代謝さえどうにかできれば、ニキビ跡を目立たなくすることはできるんです。



■新陳代謝を改善しよう!

クレーター型のニキビ跡の場合、肌がえぐられて厚みを減っている分、新陳代謝の力もそれだけ弱くなっています。

けれども、ニキビ跡の裏側にある肌組織に働きかけていけば、スピードはゆっくりでも着実に新陳代謝を促すことができます。



新しい皮膚が肌の奥でどんどん生成されていけば、ニキビ跡は嫌でも、肌表面へと押し出されていきます。最終的には、肌に留まり続けることができず、剥がれ落ちていきます。

肌組織を活発に働かせるために欠かせないのは、肌の保湿なんです。肌内部を水分で満たすことで、肌が持っている本来の力を発揮できるわけです。



肌の保湿といえばコラーゲンです。すっぽん小町なら体の内側から肌にコラーゲンを供給できます。

化粧品のように、肌表面からコラーゲンを塗ったとしても、ニキビ跡よりもさらに深い部分まで浸透させるのは難しいものがあります。



逆に言えばもし、そんなことが可能だとしたら、肌に刺激を与えるような物質まで入り込んでしまい、肌がボロボロになってしまうはずですよね。

ニキビ跡を治すのは難しいと言われるものの、身体の内側からアプローチしていけば、可能性をうんと高めることができるんです。



ただ、普段のスキンケアでも、肌内部の水分が蒸発しないように肌表面を十分に保湿するように気を付けてくださいね。



ニキビ跡のなかった状態まで肌をリセットしてくれるすっぽん小町の効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓




class="jugem_theme">

JUGEMテーマ:ニキビ(にきび)治療

スポンサーサイト